自然葬はどこでするのか

日本の中では亡くなった後は殆どが火葬になります。火葬された後は骨壷に入れられてお墓に入れるのが一般的でした。でも近年では自分自身でお墓には入らないで自然葬を希望される人も多くなってきました。それには核家族が増えてきて、昔からの代々お墓を守るという考え方が少しづつ減ってきているのが多いだと思われます。

そして、核家族になった場合にはお墓を建てることから必要になったりするので、経済的な部分も大きく関係してくると思います。そのために、自分が死んだ後は自然の中に還りたい、戻りたいという気持ちになる死生観が違ってきたのだと考えられます。墓地やお墓を作るということは少なからず自然環境を壊さないでおきたいという環境保護への配慮からというのがあるのです。自然葬はお墓の場所が決まっていて、残された遺族、また、子孫がお墓を守らなくてはいけないという責任を負わせないという、後の人たちへの負担を残さない思いやりの気持ちもあります。

自然葬をするというのはどこですれば良いのかとなりますが、陸地で散骨をする時には何処にでもできるものではなく、その事を嫌がる人もあり、トラブルになる場合もあります。それなのでどこか場所を決めてそこで樹木葬というような形をとっていることが多いのです。また、海に散骨というのも多いのです。人間は海から生まれて来たものですから本来の海に還りたいと思う方もいらっしゃいます。

いずれも本人が望む送り方が供養としても一番です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*