自然葬で見送るという事

今の世の中、日本では自然葬を希望する人が増えつつあります。従来のように墓石を立てそこに火葬した後のお骨を眠らせるのではなく、海や山などに遺灰を撒いたりして故人を弔う方法です。元の自然界へ帰していくようなイメージで行われています。その中でも、風葬や水葬、土葬など種類がありますが、それらの全てを総称して呼ばれています。

このような自然葬を望む風潮がでてきた理由には、最期は自然へ帰りたいという考えの人が増えているというだけでなく、墓石やそれを立てる土地を確保する手間や経済的余裕がなくなってきていたり、昔のように先祖代々繋がっていく家系が軽んじられたり、墓への合理性のなさから関心が失われつつあるという問題も秘めています。また、親子関係の希薄さや、嫁姑間で良い関係が築けていない場合も、自然葬へ流れている所以です。同じ墓に入る事を望まないからです。残す者達に負担をかけたくないからという理由の人もいます。

逆にしっかりと墓参りに来てほしいから残る者達に墓石を立ててもらう事を望む人もいますし、送り出した側の者達にとって、山や海に散骨した場合だと、どこに向かって手を合わせればいいのか分からないといった意見もあります。いずれにせよ、年配者と若者間で葬儀を行う際の考え方に大きな差が生じてきている事実があります。どちらにも良さがありますから、故人の考えを尊重できるよう、何かの折りに希望を尋ねておくのも大切な事です。喪服のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*