自然葬とはどんなものか

自然葬というのは、遺骨を自然へ還したり、墓標に人工物を使用せず、自然の大きな循環の中に回帰するという葬送の方法のことを言います。墓石を用いた従来の葬法とは異なり、墓でなく、海や山などの自然に遺体や遺灰を還します。狭義で考えると、散骨と同じであり、広義で考えると、風葬や鳥葬、水葬、火葬、土葬、植樹葬、冷凍葬などと同じものであるといえます。最近では、宇宙葬と呼ばれる、遺骨を専用カプセルに入れて、衛星ロケットによって上げるなどの方法もあります。

また、遺骨のすべてを自然葬にするのではなく、一部だけを自然葬とし、残りは墓地に納骨するという方法を選ぶ人もいます。最近では、新たな墓地や霊園などをつくる必要がない環境に負担が少ない葬送方法として注目されています。また、遺族や子孫がお墓の面倒を見る必要がないというのも人気の理由の一つです。自然葬には大きく分けると、自然に回帰するための「散骨」という方法と、自然を保護する観点から墓標に人工物を使用しないという方法の二つがあります。

散骨する場合は、どこでも好きな場所に散骨できるというわけではありません。自宅や私有地に勝手に散骨すると、トラブルが生じる場合があるので、自然葬を行っている葬儀業者などに相談し、散骨するのに適した場所を選ぶことが大切です。また、墓標に人工物を使用しな方法としては、樹木葬が注目されています。樹木葬というのは、墓石を建てる代わりに樹木を植えたり、樹木の周りに埋葬する方法のことです。

この場合も、どこでも好きな木の近くに埋葬していいというわけではないので、専門の葬儀業者に相談することが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*