自然葬とは何であるのか

自然葬とは、石碑のお墓を立てるのではなく、遺骨を自然の循環の中へと返す葬送のことをいいます。自然葬には樹木を墓標とする樹木葬をはじめ、海や川に遺骨をまく水葬やかつて沖縄で行われていたことのある風葬などが挙げられます。水葬は本来遺体を海や川へ沈めるものですが、現在では専門の業者が執り行っていて、貸し切りの船をチャーターし、各地の沖へ出て遺骨を散骨をするというものがあります。この場合法要は、年に一度船でその場所を訪れるのが望ましいとされますが、それが難しいという場合には、散骨をした海を眺めながら故人を偲ぶという方法もあります。

この他にも自然葬には、樹木葬が広く知られています。樹木葬では里山に植林する方法と、公園墓地に植林する方法があります。樹木葬はお墓の手入れなどの手間がかからずに、自然環境の維持に貢献することが出来ます。また石碑を置く従来のお墓とは違い、継承者がいなくとも良いというメリットもあります。

こういった樹木葬は、家や宗教に縛られたくないという人から支持を集めるものとなっています。更に従来のお墓よりも、格安で使用できるのも樹木葬の特徴です。このように、自然葬は従来の埋葬とは全く様式が異なったものとなっています。このため従来の埋葬に馴染みが深い場合には、違和感を与えてしまうという側面もあります。

この方法は徐々に広まりつつありますが、自然葬を希望する場合には、後に遺族となる人達に同意を得てから決めるようにします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*