自然葬を行いたい人が気をつけること

自然葬は人々に徐々に広まっている、新しくて昔からある葬儀の方法です。自然葬には風葬や水葬、樹木葬などの形がありますが、基本的にはお墓を作らずに自然の中に故人を還すという方法を指して、こう呼んでいるようです。その具体的な方法は、故人を火葬した後、お骨を細かくして海にまいたり、自然葬を行っている会社が管理している里山や樹木葬用の土地にまいたりといった方法になります。その際、散骨は違法ではないと言っても、どこででも自由に出来るわけではないことに注意が必要です。

日本では法律により、焼いたお骨の埋蔵は墓地以外の区域にしてはならないと決まっているため、土の中に埋める形での散骨は原則的に出来ないことになっています。また、海の中に散骨する方法を取る時にも、岸からはかなり離れた場所で漁業権などが存在しない所でしなければ、漁業組合などから慰謝料の請求などをされる可能性があるそうです。場所に問題が無い場合も、散骨するお骨は細かく砕いてパウダー状にし、お骨であるとわからないようにしなければならないという決まりもあります。これは「散骨は、希望する者が相当の節度を持って行う場合は処罰しない」というのが、現在の国の考え方であるからです。

古代から日本では遺体や遺灰は山や海に還すことが主流の葬儀のやり方でした。自然葬が近年注目されているのは原点回帰のような面があるのかもしれません。しかし、故人のお骨を散骨するために自分で砕くのは、家族であっても躊躇してしまいそうです。そんな人は自然葬を取り扱っている墓地や葬儀会社を利用するのが、安心で確実でしょう。

現代は、お墓を作っても将来管理する子孫がいないからという理由で、散骨などの葬儀の方法を選ぶ人も多いと言われています。葬儀を行う人はどのような方法でも、気持ちを込めて故人を送ってあげたいものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*