故人と遺族の思いを尊重する自然葬とは

最近では「終活」という言葉も広く知られるようになり、人生の終わりとその後の葬儀について思いを巡らす人が増えてきました。そんな中、人気が高まってきているのが「自然葬」と呼ばれる葬送です。自然葬とは、墓ではなく海や山などに遺骨や遺体を還す埋葬方法のことです。最も一般的なものが海への散骨ですが、鳥葬や水葬などもここに含まれます。

特に海への散骨は海外では以前から一般的に行われていましたが、近年日本でも希望する人が増えてきました。もともと日本には「死生一如」という死生観がありました。これは「死後は自然の大きな循環のなかに還るという」考え方で、自然との一体感を大切にする日本人にはなじみ深いものです。また、華美になりがちな従来の葬送方法への抵抗感や、核家族化や少子化により墓を維持することが困難になってきたことも、自然葬への興味が増している一因と言われています。

葬儀会社などでも自然葬への対応が急速に進んでいます。ただし、火葬を終えた遺骨をそのまま好きなところに撒けばいいというものではなく、ほとんどの場合は環境保全に配慮してパウダー状に粉骨してから行います。海への散骨の場合は、葬儀会社などが舟で沖まで出るところまで手配をしてくれます。自然葬は墓地を必要としないため、増え続ける霊園の造成に歯止めをかけるというメリットもあります。

まさにその名にふさわしく自然に優しく、自らも自然に還ることのできる葬送として、今後も拡大を続けそうです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*