自然葬を選ぶ方が増えています。

自然葬は海外では広く一般的に行われています。著名人や有名人が自らの意思によって、遺骨を海などに散骨する方法をとっています。日本では、葬儀を終えたら遺骨をお墓におさめるのが一般的とされてきましたが、近年はお墓の継承者不足や、お墓を所有していないなどから、自然葬に注目が集まっています。お墓の問題だけではなく、死後は広い自然の中に還りたいという考え方も広がっています。

自然の営みの中で生まれたのですから、再び大自然の中に戻りたいという考え方を出来る限り実現したのが、自然葬です。自然葬の1つに、海へ散骨するという方法があります。葬儀を終えて火葬した遺骨を、パウダー状にして散骨します。散骨する場合は周囲に迷惑をかけてはいけませんから、必ず2ミリ以下のパウダー状に粉骨する必要があります。

遺族が粉骨するのはためらわれるという場合には、粉骨を行っている業者がありますから依頼するといいでしょう。また、海へ散骨といっても、どこにも散骨してもいいというわけではありません。気にする方もいらっしゃいますから、クルーザーなどを貸し切って、岸から離れた海で散骨を行うようにしましょう。故人の家族や親族、親しかった友人だけで最後のお別れをすることができます。

自然葬では海での散骨の他に、川や山、宇宙などに散骨する方法があります。お墓の使用料や管理料を払う必要がありませんが、遺骨が残りませんから、故人の遺志を踏まえながら、家族や親族で話し合いをして納得してから行いましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*