自然葬を選ぶ人が増えています

狭いお墓の下に入りたくない、自然に還りたいという人が増えていると言います。先祖代々のお墓を守っていくということが、少子高齢化社会で難しくなってきているということもあります。お墓の継承者がいないという現実があります。これまでお寺さん次第で決められるお布施など諸々の経費について、不満に思ってきた人たちもいるようです。

そういった背景から、永代供養墓が多く作られ、そこに入って子供や孫に迷惑をかけたくないというシニアが増えました。その中でも散骨や樹木葬などの自然葬に人気が集まっています。海洋散骨は海が好きな人が選ぶことが多いようですが、大海原に花やお手紙とともに散骨される様子は、とてもダイナミックで感慨深いものがあります。また、自然が好き、山が好き、花に囲まれて眠りたいという人には、自然葬のなかでも樹木葬は人気があります。

いずれにしても供養という意味では遺骨を大切に扱うことを忘れてはなりません。若い人が安易に遺骨をそばに置きたいからとネックレスにしたりすることがありますが、それを自分が亡くなるまで大事に扱ってこそ供養になります。途中で放置するようならば最初からそのような形式はとらないことです。仏教的にもよいことではありません。

自然葬、樹木葬を行う業者も年々増えてきてはいますが、それだけの土地を確保するにはどうしても郊外へいかなくては難しく、お墓まいりにちょくちょく行きたい人にとっては不便な場所になってしまうようです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*