知っておきたい自然葬のこと

近年、日本では少子高齢社会に突入し、お墓の問題に関する話題が身近になってきました。自分の葬儀はどうしたいのか、どのように埋葬されるかなど、自分が亡くなってからの必要な段取りを生前のうちから考えておく『終活』という言葉も生まれ、興味を持つ人も増えてきています。なかでも知っておきたいのが、自然葬に関する問題です。自然葬とは、亡くなった人の遺体や遺骨、遺灰などを海や山などの自然の中にかえす埋葬方法です。

人間の命を地球上の大きな自然の循環の中のひとつにあると考え、自然の循環の中にかえすことで生前の故人の想いを尊重できたり、残された人にとって大切な人を失った悲しみを乗り越えようとする力にもなります。また、自然葬は個人墓として利用されることが多いことも特徴です。従来の家族制度にあったような家の捉え方が変化し、より個人主義の考え方が広まったことから、先祖代々のお墓に入ることを選択しない人も増えてきているほか、様々な理由で家族を持つことなく生きてきた人も利用しています。お墓を持たない埋葬方法であるため、多くの場合が墓地を継承する必要がなく、管理も霊園に任せることができる点などがメリットとしてあげられます。

自然葬には、企業や団体が所有する霊園などで用意されている場所に埋葬する公園型や、山の一部を使用することで自然と共存して埋葬される里山型、船に乗って海へ遺灰や遺骨を流す散骨など、さまざまなものがあります。公園型では、同じ遺志を持って亡くなった人々の遺骨を樹木や花の根元に埋めるなどの方法がとられます。故人が寂しい想いをしないように、といった死に対する前向きな考え方を実現できる埋葬方法であるともいえるでしょう。しかし、日本では墓地や遺体の扱いに関しても法律で厳しく定められているため、埋葬を考える場合には、事前に多くの情報を集めて専門の団体や業者にも相談したうえで、ルールを守って行いましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*