一般的な葬儀の流れについて

葬儀は、宗派の違いこそあれ、ほぼ同じような流れで行われます。葬儀は、故人が亡くなった際に業者に依頼することから始まります。最初に業者との打ち合わせを行い、大まかな流れの説明を受けます。打ち合わせでは喪主を決め、通夜や告別式を行う葬儀場や、控え室の借用、遺体の搬送先についても話し合います。

お寺関連については、多くは業者によって手配が行われ、別途お坊さんとの打ち合わせを行います。通夜の前に枕経を行い、お坊さんを含めた打ち合わせを行います。打ち合わせでは、通夜や告別式、初七日の日程、お経を読むお坊さんの人数や戒名について話し合います。この間に各種書類の手続きを行い、遺影についても準備します。

葬儀は身内だけで行うか、知人や友人も招くかを決定し、必要であれば死亡広告欄に載せるよう手続きします。通夜や告別式における祭壇への供物や供花、通夜の後の食事などについても、事前の打ち合わせで決めておきます。遺体を清めつつ納棺が行われ、告別式の後に火葬が行われるのが一般的な流れですが、地域によっては通夜の前に火葬が行われます。出棺の前に、一緒に火葬したい供物をお棺の中に入れ、火葬場まではマイクロバスなどで移動します。

通夜のあとは、「夜とぎ」と言って線香が途切れないよう、家族が夜通し寝ずの番をします。通夜の翌日に告別式を行うのが一般的ですが、友引は縁起が悪いとされるため、友引とぶつからないよう日程をずらすことがあります。7日後に初七日法要、49日後に四十九日法要と続きますが、近年は葬儀の際に初七日法要も同時に行われるケースがあります。喪服のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*