葬儀の種類とその費用

葬儀は大切な家族を見送るとても重要な行事ですが、その費用としてかなりの金額がかかるため、家計を苦しめる原因にもなります。ただ、社会の変化や顧客の低価格志向を受け、現在では新しいタイプの葬儀も登場してきており、高額なものから安めのものまで様々なものが存在します。大人数で行われる一般的な葬儀は一般葬と呼ばれ、人数が多い分、費用も高額となりがちです。一方、家族のみで行う家族葬という形式もあり、人数が少なくなるので一般葬よりも費用は抑えめとなります。

特に、近年は高齢で亡くなるという方も多くなっており、参列者が少なくなってしまうという場合も考えられるので、家族葬を選択するというケースも増えてきています。これらに対し、新しい葬儀の形式として注目されているのが、一日葬です。一日葬はお通夜を省略することで、通常二日かかるところを一日で終わらせるというものであり、お通夜にかかる費用が必要なくなるため、格安で葬儀を行うことができます。ただし、参列者の中にはお通夜のみ出席するという方もいるということや一日葬に対する理解がまだ得られていない場合もあるということを考えると、注意が必要だともいえます。

安いという理由だけで一日葬を選択したがために、後に親族との関係が悪くなってしまうということも考えられるので、熟慮のうえで選択するようにしましょう。この他にも、火葬式という形式もあり、お通夜・告別式ともに行わず、火葬のみを行うため、他の形式と比べて最も安い費用で済ませることができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*