冠婚葬祭では葬式が最も料金が

冠婚葬祭では葬式が最も料金が高いわけではないです。大凡、冠婚葬祭では、料金としては結婚式のほうが高いことが多いです。しかし、それでもいくらでも違いは個別の案件によって変ってきますし、何より、持ってくる金額が違います。結婚式の場合、食事代も含めて祝儀を持ってくるのが当たり前になっています。

ですから、最低でも三万円、という認識が強いです。もちろん、強制されることではありませんが、それでも常識的にはそのくらいです。近しい場合はもっと持っていくこともあります。冠婚葬祭としての葬式は、あくまで線香料を持ってくるくらいです。

つまりは、香典です。これはそれこそ、近所の人であれば、数千円でも問題ないことになっています。但し、地域によっては違うことがありますが、とにかくそんなに高額を持っていくような儀式ではないです。親戚や極めて親しい人であれば、万単位を持っていくことはありますが、儀式代も含めますと足が出るのが当たり前です。

食事も用意する必要がありますから、数千円程度の香典の人では赤字になります。もちろん、そもそも儲けるため、黒字にするためにやるような行為ではないです。ですから、葬式の料金に関しては、香典はそこまで当てにしないほうがよいです。しかし、参列者の数だけは予測しておいたほうが賢明です。

席の数、或いは食事の量なんかに影響があるからです。はっきりいって、そんなに予想できることではないですが、する価値はあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*