アミノレブリン酸とは

体の中のミトコンドリアは、過労、ストレスや運動不足などの不規則な生活が続くとダメージを受けることが知られています。体内で作ることの出来るアミノレブリン酸は、年齢とともに低下し、十分な量が供給されなくなっていきます。

すると、ミトコンドリアのエネルギー生産能力も低下していき、体温の低下や疲れを感じやすくなったり老化を感じる原因になります。
アミノレブリン酸は、アミノ酸の1種であり、γーレブリン酸とも呼ばれています。
約36億年の歴史があり、生命の根源物質とされていて、地球上には欠かせない物質です。


植物が持っている色素のクロロフィルをつくる上でも必要な成分であり、赤血球のヘモグロビンを生成するのに必要な原料でもあります。



植物に与える事で、ストレスに強く味の良い野菜や果物を作ることもでき、園芸用の肥料にも用いられています。
アミノレブリン酸には、代謝を良くして食べたものや体に溜まった脂肪を効率よく熱に変換する作用があります。

体を温めることが出来るので、免疫力の向上や疲労の改善の効果があります。



肥満を予防する効果、美肌効果があり化粧品に配合されていて、水分や油分を保つ保湿効果が高いことでも期待されていて、肌の水分量・弾力がアップします。
食事やサプリメントで摂取することも可能で、赤ワイン、お酢、お茶などに多くアミノレブリン酸が含まれています。



アミノレブリン酸をしっかりと取り、健康的な体作りをしていきましょう。