アミノレブリン酸について

「アミノレブリン酸」とは、アミノ酸の一種で5‐アミノレブリン酸の略称です。



他にγ−レブリン酸と呼ばれます。
ここ最近、代謝を促して健康維持のためのサポート成分が含まれていることで大変注目を浴びており、新しく発酵法が開発されたこともあり、大量生産が可能となり、サプリメントや化粧品などにも使用されるようになりました。アミノレブリン酸は、約36億年前の地球上に生命が誕生した時にはすでに存在していたとされ、生命の根源物質とも言われる物質です。

従って、人間だけではなく、そのその他の動物や植物など多くの生物に存在して生きていくうえで重要な役割を担っています。


クロロフィルやヘム、ビタミン12などのたような物質に生体内で変換され、ミトコンドリアでのエネルギー作りを支える働きがあります。

ヘムはミトコンドリアがエネルギーを作る過程で必要な存在で、アミノレブリン酸がないとヘムを作ることができないので、エネルギー代謝を活性化するために欠かせない物質です。


糖尿病の予防効果や肥満を予防する効果、免疫力の向上や美肌効果があります。



摂取することで代謝が良くなり、内臓脂肪が減少して、脂肪の蓄積を抑えることができます。

また、効率よくエネルギーに変換されるので、疲労の改善や造血機能にも効果が期待できます。


アミノレブリン酸は、体内で生産されますが、年齢を重ねるごとにどんどんと減少していきます。



従って、年齢に応じた必要摂取量を十分に摂る必要があります。身体に異常をきたす前にサプリメントなどを上手に活用して摂取することを心掛けると良いです。